和歌山旅行記

少し昔の話になるが、和歌山に旅行に行ってきたことについて記しておきたいと思う。
行こうと思ったきっかけは、連休に予定がなくどこか飛行機で旅に出ようと思ったからだ。なぜ和歌山に決めたのかというと、長い付き合いの友人が住んでおり、友人の家なら宿泊費も無料で大幅に節約できるためにここに決めた。
ルートはジェットスターで成田空港から関西国際空港へ向かうことに決めた。LCCは安いからよく利用するが、安いのにはには訳がある。予定時刻に大幅に遅れるといったことが頻繁に起こり、遅延時間1時間なんてザラに起こるのだ。値段が安いため文句も言えないが気にしない利用者にとっては好都合だろう。むしろ文句どころか安い値段でありがたい。無頓着な僕にとっては好都合だった。 

自宅から成田空港までは、山手線で日暮里に向かい、スカイライナーに乗り継ぐといったルートだ。自宅から電車の待ち時間を合わせて1時間程で到着した。早めに空港に着いたが、この日も離陸予定時刻を大幅に遅れての出発だった。
フライト時間1時間30分ほどで関西国際空港へ到着した。和歌山県にも"南紀白浜空港"という県内唯一の空港が存在する。しかし、目的地である中心地の和歌山市までは関西国際空港からのアクセスの方が近い。おかしな話だが中心街にアクセスするために、県外の空港を利用させていただいたということになる。

関西国際空港には友人が車で迎えにきてくれた。目的の友人の家まで40分ほどで到着。山頂にある友人宅の3LDKのマンションから望んだ景色はかなりの絶景だったためiPhoneで撮影することに。

 

f:id:mdais:20170514235719j:plain

 

f:id:mdais:20170514235734j:plain

初日は夕方に着いたため、気づけばあたりがすぐに暗くなった。とりあえず海が近いため夜釣りをすることに。

釣りをした地名は覚えていないが釣り人の多さに驚愕した。小さい子から大人まで、周りが見えない暗さで釣りをしている。この光景を目の当たりにし、和歌山は釣りが盛んな街だと感じた。ただこの日は皆釣れておらず、自分たちも釣ることはできなかった。

2日目は、昼頃から開始したが前日と同様釣果0匹だった。地元の住人に話を聞いて分かったことだが、運悪く釣れない時期だったみたいだ。別の機会にまた和歌山フィッシングにチャレンジしたいと思う。

他にしたことといえば、観光にもつれて行ってもらった。若者が集まる歓楽街の「アロチ」にも訪れた。東京と比べればスケールは大きくないが、この土地にも若くて活気のある地域が存在することが確認できた。

和歌山県には3日間滞在した。3LDKの部屋は住み心地が最高で、帰るのが非常に惜しかったが仕事の都合で東京へ。
今回の件で、和歌山県は面白かったし、やはり行ったことのない場所に訪れるのは面白いと再確認できた。とにかく僕は未知の世界に訪れるのが楽しいと感じる。日本だと沖縄にも訪れたい。いつか海外にも行ってみたいと思う。

食事制限だけで、1ヶ月目で10kg、2ヶ月目で5kgで合計15kg痩せた話

f:id:mdais:20170911015253j:plain

胡散臭いタイトルになってしまいましたが興味がある方だけでも読んでいただけたら幸いです。

今からお話しさせていただくことは2年前くらいの話になります。当時は、身長170cmに対し体重80kg近いという肥満みたいな状態でした。その時の食生活は、とりあえず満腹になるまで食べないと気が済まないという強迫観念がつきまとっている状態でした。

高校生の頃は野球部に所属していたため、食事量が一般の方よりも多めに摂取しており、社会人なってもその食生活は抜け切れませんでした。おそらく部活を引退後、食事の量が現役時代と変わらず、急激に太り出す人が居合っと思います。僕もそのタイプの一人でした。
気づけば、現役時、50kg台だった僕は、社会人の時には80kg近くにもなっていました。こうなる前に予測しており、何度も何度も痩せようと思うわけですが結局ダイエットが続きませんでした。
じゃあ僕がダイエットに成功した理由はなんなのか、本題に入っていきたいと思います。

 

まず揺らぐ心を決心させた本との出会いがありました。それがこちらになります。

f:id:mdais:20170911020319j:plain

ライフスタイル革命―私たちの健康と幸福と地球のために

Amazon CAPTCHA

(注:ステマではないです)

結構古い本ですが、世界の名著25冊にも選ばれたくらい食生活において世界的に影響を与えています。
どのようなことが書かれているのかというと、これまで思い込んでいた食についての常識や理論を覆すような衝撃的な内容がふんだんに書かれています。そして僕はいくつか出来そうなことから始めました。


1.肉を控える
2.たんぱく質と炭水化物の同時摂取をなるべく控える
3.加熱食品をなるべく控える
4.食事の最初に野菜から食べる
まずは上記のことから始めることにしました。

 

1.肉を控える
理由は、単純に消化に良くないからです。この本ではとにかく消化について重点的に書かれていました。
最初は肉を魚に置き換え徐々に負荷を軽減させ体に慣らしていきました。最初苦痛ですが慣れてくれば体が肉を欲しなくなります。気がつくとベジタリアンになっていました。
人間はもともと果実食主義で果物が一番適しており、消化時間も30分と負担が少ないのに対し、肉だと4時間はかかり負担がかかるとのことでした。実際に空腹の時に実践すれば実感出来ますが、果物だとすぐに胃が空っぽになるのが体感できます。

 

次にたんぱく質と炭水化物の同時摂取をなるべく控えるについて
先ほど挙げたように、たんぱく質は消化に4時間かかり、そして炭水化物は3時間かかると言われています。この食べ合わせをすると完全に消化するまでに8時間はかかると言われています。つまり胃に負担を与えてしまうということです。推奨されない食べ合わせは"米、パン、麺、芋、木の実、肉、魚、卵のなかの2つの食品は一緒に食べない"ということになります。
逆に良いとされる食べ合わせは"ご飯と野菜、イモ類と野菜、木の実と野菜、パンと野菜"は良いとされています。野菜は負担が少ないのでいくらでも食べて大丈夫で、食べ合わせも可能ということです。果物の食べ合わせは控えたほうが良いとのことでした。

 

加熱食品をなるべく控える
これについても単純に胃に負担をかけるためです。これを実践するのは結構難しく、なぜなら出回っている食品の大半が加熱食品であり、加熱食品は満腹感を感じられるようになっているので改善するのにかなり苦労した記憶があります。最近断食も流行っていますが実践する前には加熱食品を食べない期間を作っている施設もあるようです。なぜなら、これさえ耐えられるようになれば、空腹感にも楽に耐えられるようになるからです。

 

食事の最初に野菜から食べる
これは簡単に実践可能だと思います。メカニズムは、消化にいいものから順番に食べるようにすれば胃の負担を軽減できるためです。

僕の実践したことはこれくらいになります。
コツとしてはとりあえず実践できそうなことから始めるのが良いと思います。完璧に真似するのは不可能に近いでしょう。する必要もないと思います。また古い本の情報のため今は情報が新しくなっている部分もあるかと思います。僕も結構適当に実践していましたが結果的には痩せることができました。

実践してみてわかると思いますが、世の中にはかなりの誘惑があることに気づくことでしょう。特に一番の強敵がコンビニエンスストアになると思います。現代人が病気を患い、肥満が増えている原因を作っていると言っても過言ではないでしょう。じゃあコンビニの何が元凶なのかというと、小麦粉です。コンビニの商品の約70%に小麦粉が使われていると言われています。つまり現代人は小麦粉中毒とも言えるでしょう。さらに非加熱食品も少ないことに気づくでしょう。世の中が如何に快楽な方向に進んでいるのか分かると思います。
実践するのは難しいでしょうが、知っているだけでも一生使える健康法だと思うので参考程度に。詳しく知りたい方は普通に本を買ったほうが良いと思います。僕も数年前の話なので少し情報に違いがあるかもしれません。
実践する方は自己責任でお願いします。

初めまして

ブログを何度もやろうと思い、実際にやってみて続かずにやめての繰り返しなので今回は頑張って続けようと思います。

特に、何か書きたいことがあるわけではないのですが、書き続けることで日常に少しでも変化が起きればいいなと思います。毎日投稿は無理なので気まぐれに書いていきます。それでは